段ボールリサイクルをしてください♬

段ボールリサイクルをして欲しいという事でご連絡いただきました

本日もお問合わせいただきまして、内容は。。。

「段ボールリサイクルしてほしい」

というものでした。

早速詳細をお電話でお聞きしました。
なんでも、既存の業者を変更したいとのことでした。

その理由は、「怖い」だそうです。
要するに、「横柄」だということらしいです。

この業界は。。。とは言いたくありませんが、横柄な人は結構いてます。
あたかも「回収してやってる」かのような態度を取る人はいっぱいいますね。

だから、そういった業界だからこそ、当社は「お客様第一」で取り組んでいるわけです。
昔の名残なのか?
殿様商売をされている人は、未だにいらっしゃいますね。
だからこそ、当社が愛されてご利用いただけるのですが(笑)

またどこかで紹介させていただきますが、お客さんが業者に抱く印象を聞いていたことがあり、
その意見をランキングでまとめたことがありました。

当社はそのランキングに目をつけ、その印象を徹底的に排除しようと、
そういった印象を持たれないような会社を作ろうと思い、今に至っています。
その結果、おかげさまで、たくさんのお客様にご利用いただいているわけです。

お客様も、無理してそのような横柄な業者といつまでも付き合う必要はありません。
回収業者はたくさんあるのだから、ネットで調べるなり、隣の工場に聞くなりして、
もっと気持ちよく回収してくれる業者に変えれば良いと思います。

既存の業者を断る際に、なんやかんや文句を言われるかもしれませんが、
既存業者も何も文句を言えないような断り方をすれば、全然問題はありません。
その辺も、当社はアドバイスさせていただいてます。

話を元に戻しますと、

「段ボールリサイクルをしてほしい」

ということでご連絡いただき、電話で詳細を聞き、実際に回収に行ってきました。
すると、結構な量の段ボールがカゴ(このカゴは、業界ではパレティーナと呼ばれています)に入っていました。
段ボール置き場からパレティーナをリフトで運んできていただけました。

写真は全量ではありません。
さらに奥から運ばれてきました。

少々段ボールが汚れていますが、これくらいの汚れならリサイクルに問題はありません。
ですので、すべて回収しました。

回収時にお客様とお話しさせていただき、定期的に回収させていただくことになりました。
段ボールをストックする場所がたくさんあるので、トラックが満タンになるくらい溜めていただけるそうです。
本当に有難うございます。

回収するのに積み込んでいた場所は、頻繁に出荷のトラックが荷積するのに出入りするらしく、
なかなかその場所を確保できないらしいです。
なので、トラックいっぱいになるまで段ボールを溜めて、一気に回収した方が、先方も助かるみたいでした。
なるほど、いろいろな事情があるものですね。

ということで、お互いが良い方法で回収の取引が成立しました。

このように当社では、お客様のニーズを最大限受け入れる努力をさせていただきます。
遠慮なくご相談いただければと思います。