ダンボール、新聞、雑誌の回収後の行き先はどこですか?

本日寄せられた質問を紹介いたします。

ダンボールや新聞、雑誌の回収後の行き先はどちらですか?

というものです。

当社は古紙をリサイクルする会社なので、
当社が回収したダンボールや新聞、雑誌などの古紙は、古紙の問屋へ運びます。

↑ 古紙問屋へ運ばれた古新聞

問屋へ運ばれた古紙は、禁忌品を取り除き、その種類に選別され、製紙会社へ製紙原料として運ばれます。

↑ ベーラーという機械で古紙を圧縮梱包し、運びやすいブロック状の形にします

 ↑ ブロック状に圧縮梱包されたものです

上の写真のように、圧縮梱包された古紙(ダンボール、新聞、雑誌)は、
製紙会社へ運ばれ、古紙の表面に印刷されたインクを漂白し、
溶解処理されて新しい紙製品へと生まれ変わります。

以上が紙のリサイクルの一連の流れです。
ものすごく簡潔にお答えしましたが、ご理解いただけましたでしょうか?

当社では、古紙を選別加工する会社の工場見学も可能です。
当社とお取り引きを開始する前に、どのような工場で、どのようなリサイクル処理がされているかを見学していただけます。また、子供たにの社会見学としてもご利用いただけます。
見学されるのは完全予約制になりますが、ご相談いただければ日時を調整させていただきます。
ご遠慮なくご相談ください。